バレエ教室

バレエ教室
会員募集中! お気軽にお問い合わせください!
☎ 044-333-8271
フォームからのお問い合わせはこちらから
幼児コース 【水曜日】 15時20分~16時00分
小学生コース 【水曜日】 16時30分~17時30分

【月会費】 7,128円

バレエ教室のご紹介

子供は白い布に例えられることがあります。
日々、凄い速さで色々な事を吸収している彼女 彼等をもし布に例えるならば、サテンもあり、綿もあり、絹もあり吸収の速度、発色の度合いもそれぞれです。
早く吸収し発色も鮮やかな場合もあれば、ゆっくりではあるが光沢を持った美しい布になる場合もあります。
染色師にあたる私は日々、むらなく美しく色落ちしない布を作る事研究しておりますが・・・
教師バカとも思えるほど、「皆、可愛くて」癒される時間です。

プレプライマリークラスに関して・・・

「うちの子は、大丈夫でしょうか?」
よく下のクラスのお母様に質問されます。
そんなお母様も卒園間近になると「あの頃は・・・」とお話されるものです。
私も娘がおりますから気持ちはとても解ります。

まず、バレエになれる時期である プレプライマリーのクラスでは、教師も親も「待つこと」が一番大事だと感じています。

おふざけしてしまったり、危ない事やしてはいけない事に関してはしっかりと叱ります。「怒る」ではなく「叱る」。

しかし、頑張って懸命にチャレンジしている生徒を焦らせて叱る事はありません。
そんな日々の中で、毎週レッスンを休まず繰り返しているうちに・・
「あれ?」と言う瞬間が必ず出てきます。

自分でもビックリした様な表情を見せながら、しかし「やった!」と言う確かな自信を得た表情を見せる。

この時期の可愛い子供達の「この表情」を見ると、本当に癒されます。


年中 年長クラスですから、身心の成長に一番変化が観られる頃。

特に年中から年長は、毎年、足が伸び筋肉が発達し
赤ちゃんの柔らかさが消えてちょっと寂しい・・・しかし、バレエ的には出来る事が多くなってきますので、厳しく細かく説明し、何回も繰り返し行うレッスンを心掛けています。

「勝手な解釈をしない」「出来たつもりになったらだめだよ」
まず、「よく見てから動く」

私のRADの先輩が「Muscle Memory」「Thinking Dancer」と言う言葉を使います。

筋肉に記憶させ、考えながら踊る事を同時に行う事は、バレエダンサーとして訓練される中で身に着ける事ですが。

すでに、この時期からそれは始まっています。

ページの先頭へ