A.L.C. スポーツクラブ

登場人物A

先生、見ててね、今からいくよ!

登場人物B

よし見てるよ。練習でやった通りだからね!

先生「さっきの惜しかったねぇ、もう少しで合格だったよ」
生徒「ちょっと震えちゃって、いつもどおりに出来なかったよ。」
先生「じゃあさ、どうすれば緊張しないで出来るか教えてあげようか」
生徒「うん!教えて!」
先生「練習を、本番のようにやることさ」
生徒「練習を本番のように?じゃあ、本番はどうすればいいのさ」
先生「本番?検定の本番のときは、練習のようにやればいい」

先生はいつもそばにいて、アドバイスをしてくれる。
検定という緊張する場面では、こんな言葉をかけてくれる。 そっと背中を押してくれるのだ。

A.L.Cの先生は知っている。検定の日でも緊張しない方法を。

信頼・安心安全のためにも

ページの先頭へ